降圧剤は重い副作用に要注意

高血圧が健康によくない影響を及ぼすことはよく知られています。
血圧が高い状態が長く続く場合、治療法として降圧剤を服用することがあります。
降圧剤には大きく分けて、体内の水分や塩分を排出するタイプのものと、血管を広げて血圧を下げるタイプのものです。
患者にあったタイプの降圧剤を選ぶことが大切です。

降圧剤は服用することで、副作用が表れることがあります。
薬のタイプや患者によって症状はかわりますが、動悸、頭痛、ほてり感、浮腫みなどが確認されており注意が必要です。

降圧剤は一時的に血圧を下げる薬ですから、高血圧の根本的な治療にはなりません。
ですから、長期的に服用することで重い副作用の発症につながることもありえます。
とくに、アレルギー体質の人や肝臓?腎臓に疾患のある人、高齢者などは予期せぬ副作用が表れることがありますから要注意です。
少しでも不安な症状が表れるようなら、ドクターに相談して薬を減らしたり、変えたりしてもらいましょう。

高血圧は見過ごせない症状です。
必要であれば、降圧剤の服用は悪いことではありません。
とはいえ、なるべくなら薬に頼らず改善したいもの。
高血圧と診断されたら、まずは食生活など生活を見直すことがとても大切だということを忘れてはいけません。