メインテート服用とED薬の併用と妊娠性高血圧症

メインテートはビソプロロールという有効成分を含有しているβ受容体遮断薬です。メインテートはβ受容体の中でもβ1受容体を選択的に遮断するため、β2受容体遮断による血管収縮の影響がほぼない薬です。β1受容体遮断によって心臓拍出量を減少させるため、血圧を下がる効果があります。メインテートはβ受容体遮断薬の中でもβ1受容体選択性が比較的高い薬であるため、他のβ遮断薬と比較して心臓の機能の抑制効果が強く、血圧降下作用は強いです。しかしながらその強い作用のために、心不全の患者さんでは循環不全に陥る可能性があります。よって慢性心不全の方には禁忌の薬となっています。
メインテートとED薬との併用に関してですが、それぞれが薬物間相互作用を起こすことはないので併用することは可能です。ただ、日本で主に使用されているバイアグラ、レビトラ、シアリスといったED薬は血管を拡張することでEDに効果があります。これが陰茎部だけでなく全身の血管を拡張するため、ED薬にも血圧を下げる効果があります。よってメインテートとED薬との併用で血圧が下がり過ぎるリスクはあります。ですからED薬と併用したい場合は必ず医師と相談し、低血圧に対する対策を考えるべきです。
また妊娠性高血圧症に関してですが、妊娠性高血圧症とは原因不明に妊娠中期以降に妊婦が高血圧、浮腫、蛋白尿といった症状が現れることをいいます。この妊娠性高血圧症に対してメインテートを使ってはいけません。メインテートはお腹の中の赤ちゃんに対して発育抑制の影響を与えます。これは致死的なものであり、流産、死産のリスクが増加します。妊娠中の高血圧に対してはミニプレスなどのα遮断薬が使用できます。