メインテート服用とED薬の併用と妊娠性高血圧症候群

メインテートはβ受容体遮断薬という分類に属する高血圧症治療薬です。β受容体とは、交感神経終末に存在する神経伝達物質ノルアドレナリンの受容体のことです。メインテートはβ受容体の中でもβ1受容体というサブタイプを選択的に遮断します。よって他の受容体への影響は少なく、β2遮断作用による血管収縮が起こらず、心臓や血管に負荷がかかりにくいのが利点です。またβ1受容体選択的遮断によって、薬が心臓への作用に集中しやすいため、血圧降下作用が強く現れ、優れた降圧作用を持っている薬です。ただ、メインテートは心機能抑制によって血圧を下げる薬なので元々心不全を持つ方に投与すると、さらに心臓機能が落ち、循環不全になる可能性があります。よって慢性心不全の患者さんには使用が禁止されています。
ED薬との併用についてですが、メインテートはED薬と併用することで薬物間相互作用が現れることはありません。しかしながら、バイアグラ、シアリスなどのED薬は血管拡張作用を持っているため、血圧を下げる効果があります。よってED薬との併用で降圧作用が過度に出て、低血圧となるリスクがあります。もし、めまい、ふらつきなど低血圧の症状が出た場合には早めに医師に相談しましょう。
また妊娠性高血圧症候群に関してですが、妊娠性高血圧症候群は原因不明で、妊娠中期より後に、血圧が上がったり、浮腫が出たり、蛋白尿が出たりする症状をいいます。妊娠性高血圧症候群で起こる高血圧の改善にメインテートは使用できません。メインテートは胎児の発育障害が出て、致死的になることもあり、妊婦への使用は禁忌とされています。妊娠中使用される降圧剤には限りがあり、ミニプレスなどのα遮断薬が使われることがあります。