メインテートの重い副作用の初期症状

不整脈や高血圧症や狭心症の治療薬の1つに、メインテートという薬があります。
日本の大手製薬会社が製造していて、見た目は楕円形で割線が入っています。
主成分はビソプロロールフマル酸塩といって、心臓の交感神経のベータ受容体を遮って、過剰な心臓の拍動を抑える効果があります。
他の器官への影響が少なく、持続性があるので1日に1回飲むだけで良いです。
1回以上飲んだり、前の日に飲むのを忘れていたので次の日に前の日の分も一緒に飲むと副作用が出るので、飲み忘れても次に飲む時はその日の1回分だけで良いです。
副作用の初期症状として目まいや頭痛、けん怠感やふらつき、その他には腹部に不快感を感じます。
飲みなれない人でも副作用が出る事があるので、メインテートを飲んだ日は車の運転や外出は避けた方が良いです。
重い副作用になると心不全、呼吸困難があります。
病気の症状によってはメインテートを飲む事によって、症状が悪化する事があります。
その症状は喘息や糖尿病や急性心不全、重度の末梢循環障害等です。
メインテートを手に入れる方法は2つあります。
1つは消化器科や循環器内科や呼吸器内科の医師から処方箋を出してもらいます。
もう1つはインターネットから医師の処方箋なしに購入できて、料金は1箱2000円前後です。