メインテートの効能と副作用とは

メインテートは高血圧や不整脈などの循環器系の疾患に効能がある医薬品です。
メインテートに含有されている成分は、心拍を活性化したり、血圧を上昇させる交感神経に刺激を与え、心拍数を抑えたり、血圧の上昇を抑えることができます。
メインテートは糖尿病の合併症による高血圧にも効果を発揮します。
以前は心不全の患者に対して投与されることは禁忌とされていましたが、現在では心不全の患者に対しても医師の判断によって投与される場合があります。
メインテートの大きな特徴は、効果の持続性が長いことで、服用後、24時間に渡って効力が持続します。
服用後の改善率も非常に高く、高血圧の患者が服用した場合の改善率は70パーセントを超えており、高い効力を発揮しています。
効果は24時間持続するため、服用は1日1回だけ行うことになります。
飲み忘れに気がついた時には、直ちに服用することが必要ですが、2日分の分量をまとめて服用することは厳禁です。
服用の結果、受容性が認められる場合には、より高い効能を得るために、増量される場合があります。
増量をする場合には勝手に行うことは厳禁で、医師の指示に従って増量を実施します。
メインテートの服用に伴う副作用として、めまいや倦怠感、腹部不快感などが報告されていますので、これらの症状が出た場合には、服用を中止し、医師や薬剤師に報告することが必要です。
息苦しさを感じた場合には、重症化して呼吸不全に陥ることもありますので、一刻も早く医師に報告し、診察を受けることが必要になります。
メインテートを服用すると、眠気を覚える場合がありますので、服用後は自動車の運転や危険を伴う機器の操作をすることは、控えることが必要です。